読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すいすいっーと

まんまとJUMPの沼に落ちた ただの人間

何事もタイミングだよね。って話。

 

今日のバイト中、自分はなぜ今になってHey!Say!JUMPに堕ちていったのかを考えた。

今までに何回かきっかけはあったはずなのに、なぜ今になって…

 

事を辿れば私が小学生の頃。仲良しだったサキちゃんはお母さんがSMAPファンでコテコテのジャニオタ一家だった。そんなサキちゃんは小学5年生ながら高木くんLOVEで旧7がCDデビューをしたとき、私の家で何回かDVD 鑑賞会をした。『Hey!Say!』のPVなら今もパッと思い出せるくらいには見てた。いつの間にかPVは当時の私のガラケーにも入ってた。赤外線でなんでも共有できた時代だったよね。(遠い目)

このときの私は「断然有岡くんでしょ!!」という感じでなぜか裕翔くんを敵視していた(笑)今になってもこれに関しては我ながら謎すぎる(笑)

サキちゃんとは中学1年生までの付き合い(転校しちゃったからね)だったけれど、私がJUMPにハマることはなかった。この頃の私はAKBに夢中だった。チームBを神推ししていた。ちなみに渡り廊下走り隊も大好きだった。

 

中2の時に同じクラスになって仲良しになったナミちゃんはジュニアの頃から有岡くん一筋な子だった。ナミちゃんはこの頃のJUMPの活動方針(NYCについてとかね)に不満を持っており、たまに愚痴を聞いた。今覚えているのは「運営はだいちゃんの魅せ方や使い方を何にも分かってない」という衝撃の一言。厳しいね…(笑)

ある日『OVER』と『Magic Power』のCDを持って私の家に駆け込んできて、今のJUMPの事情を私に一生懸命話しながら泣いて、それでも初回限定版の特典DVDを見ながら「だいちゃんかっこいい~泣」って言ってた事、忘れないよ…

それでも私はJUMPにハマることはなかった。この頃の私はももいろクローバーに夢中だったのだ。あかりんが好きだった。セカンドデビューツアーかな?それで私は大忙しだった。

高校生になるとナミちゃんは遠くの学校へ行き、交流も自然となくなっていった。

 

高校生になった私は偶然AinoArikaのCMを見た。なんかすっごい好きな曲だ!と直感で思った。CDを買おうか少し悩んだ。結局買わなかったんだけどね…

高校に入って仲良くなったミサちゃんにその話をすると彼女は立派なジャニオタであることを告白した。実は重めの二宮担だった(ずっと隠してたらしいけど、薄々気づいてた)

ジャニオタであることを告白したミサちゃんは「ジャニーズは素晴らしい」と悟りを開く子で、毎日が楽しかった。

「JUMPのコンサートに行くなら今行っといた方が絶対いい。後で後悔するよ。」彼女はキッパリ言った。それでもこの頃の私は俳優さんを追うので忙しかった。2015年、ミサちゃんの言う通りに世界は動く。お前は預言者か。

 

つい最近、ナミちゃんとSNS上で再開し、JUMP沼に落ちている事を報告すると「あの頃は『有岡くんか伊野尾くんがいい!』って言ってたけど、今は誰が好きなの?」と聞かれた。5年前の自分が伊野尾くんを推していた事にびっくりしたけど、それ以上JUMPingCARnival全ステしたというナミちゃんに衝撃を受けた。今までもこれからも有岡くんしかいないらしい。タフだね。

 

ちなみに大学生になったミサちゃんは、とうとうjrに担降りしたらしい。KingだかPrinceだか忘れたけど、私も陰ながら応援してるね。

サキちゃんは元気にしてるかな… 

細かく考えればたくさんタイミングがあったはずなのに、私の引き金を引いたのはここには出てこなかったジャニオタでもなんでもない普通の友達だった。

 

あのポップでハッピーな王子達がずっと躊躇していた私のストッパーをどこかへ放り投げたのかもしれない。


って話。